スポンサードリンク
スポンサードリンク

ストレス診断チェックテスト

全国生協連が運営する「メンタルヘルス健康ガイド」のサイトで、いくつかのストレスに関する診断チェックテストを受けることができます。「ストレス度チェック」「ストレス耐性度チェック」「ストレス傾向チェック」と、ストレスを溜めないための対策を知る「自己成長エゴグラム」の4つのテストです。また、“無気力症候群”“青い鳥症候群”など、37の症候群に関する事例と対処法の解説もあります。「ストレスケア.com」のサイトにも、全国50万人のデータをもとにした「ストレス度診断チェックテスト」があります。80項目に回答すると、100を上限としたストレス指数、ストレスレベルの判定、ストレス対処法が表示されます。全国の約9万人の学生のデータをもとにした、学生版のストレス度診断チェックテストも用意されています。

スポンサードリンク

厚生労働省のストレス診断テスト

最近では日本でも職場でのメンタルヘルスの問題が大きく取り上げられるようになりました。厚生労働省は「職業性ストレス簡易調査票」という、簡単に測定や評価ができて、信頼性の高いストレス診断テストを開発しています。このテストは、主に職場での健康診断時などに行われています。また、最近では職場のストレスチェックや分析を専門に請け負う企業も数多く出てきています。そういった企業が具体的にどのような流れでストレス対策をしてくれるのかというと、ストレス診断テストを実施し、個人と組織の分析結果を出し、その結果から導き出された現状と問題を把握、個人をカウンセリング窓口へ誘導したり、メンタルヘルス研修の実施、業務改善や職場環境改善のプランを提案します。

仕事のストレス診断テスト

こうして何かと取りざたされている仕事上でのストレスですが、ネット上の自己診断テストで自分でチェックすることもできます。大阪で開業する心理カウンセリングの「淀屋橋心理療法センター」のサイトには、「職場のストレス自己診断チェックリスト」があります。日本で初めて家族参加型のカウンセリングを導入した、この病院の特徴を生かして、診断テストには「働く男性のストレス度」と「妻が見つける夫のストレスサイン」の2種類があります。中央労働災害防止協会が運営する「職業性ストレス 簡易評価ホームページ」でも自己診断テストをすることができます。最近では仕事中にだけ症状が出てしまう新型のうつ病になる人も多くなっているそうなので、プライベートでいかにストレス解消をするかということも大切ですが、なるべくストレスを感じない職場環境づくりが重要になってきています。

ストレス 診断テスト