スポンサードリンク
スポンサードリンク

IQ(知能指数)の診断テスト

「診療内科 医笹田信五の心身トレーニング・サポート倶楽部」サイト内の「性格の10タイプ」という性格分析の自己診断テストでは、50問の質問に答えた結果で性格を診断します。このテストの特徴は、心を5つの要素に分けて、質問の回答によってそれぞれの要素が獲得したスコアをグラフにし、その形によって性格を診断することです。10のグラフの形について解説がされていて、自分のグラフと10のグラフを見比べて、いちばん近い形のグラフの解説を読みます。プラスのことだけでなく、「自滅のシナリオ」というマイナスの分析もしっかりしてあって、これを読むと“これから注意しよう”という気持ちになってしまいます。実際の心療内科の先生による自己診断テストだというのも、なんだか説得力を感じるところです。

スポンサードリンク

うつ病の自己診断テスト

日本人の20人に1人がうつ病といわれる時代。インターネット上には、病院や医師、支援団体による「うつ病の自己診断テスト」がたくさんあります。もしかしたら・・・と思ったら、気軽に自己診断テストを受けてみましょう。うつ病の自己診断テストには、アメリカの精神医学者ツング博士が考案した「ツングの抑うつ性尺度」というテストが用いられることが多く、正確性が高いと言われています。“なんとなく理由もないのに疲れたと感じることがある”といった20問の質問に、「めったにない」「時々ある」「よくある」「いつもたいていそう」のどれかで回答していきます。それぞれの問題のそれぞれの回答に点数がついていて、20問の合計点数で診断します。正確性が高いテストだとは言われていますが、病院では補助的に用いられているものです。テストの結果がうつではなくても、疑問が残るようであれば、いちど病院を受診してみましょう。

無料の自己診断テスト

無料の自己診断テストには、就職や転職に関係する、自己分析や適職診断のテストが多くあります。社会人のための転職情報を広く扱っている「エン・ジャパン」のサイトでは、大脳生理学に基づく自己分析「MY VALUE診断」と、経済産業省策定のITスキル標準に基づく「ITスキル診断」の2つの自己診断テストを受けることができます。テストを受けるには、無料の会員登録が必要です。「MY VALUE診断」では、自分がどういった仕事内容を得意とするのかがわかります。「ITスキル診断」のほうは、今後どのようにスキルを開発すれば良いのかを診断することができます。学生のための就職活動応援サイト「学情ナビ」では、会員向けに無料で「適職診断テスト」を行っています。会員登録は無料です。このテストでは9つのタイプに分けて診断し、性格の特性・価値観・仕事上での行動特性・適職性がわかります。

無料 自己診断テスト