精神病 診断テスト

精神病の診断テスト

うつ病の悪循環から脱出するためのプチ認知療法



精神病診断テストとは

人は心に大きく左右されている点で他の動物とは違うのです。この事が他の動物よりも、より大きな喜びを得られる社会を築く元になった反面、この心に左右されるが故の大きな不の要素もまた、人間特有の永遠に終わらない悩みであると思います。


人は心の健康と体の健康が共に共存して、初めて人間らしく生活する事が出来る動物なのですが、近代の特に複雑化した社会の中では、あまりに多くの事に気を遣わねばならず、あまりに多くの物事を片付けなければならず、そんな中で心のバランスを崩してしまう人が後を立たないのです。


精神病 診断テストでは、これらの現代人が常にさらされている危険を客観視して、自己防衛するための物であります。精神病であるか否かは中々本人の判断だけでは判りにくい所であり、何らかの指標を持って客観的なデータに基付くと共に、極力自己の主観を取り入れずに判断しなければなりません。


精神病 診断テストは、多くの心理学の専門家が研究を重ね、様々な種類の物が世の中に出回っておりますが、その運用に当たっては専門性の高い判断が必要で、そこから得られる答えが似通っていたとしても、その真髄がどうであるかは簡単には判断できないものです。

精神病の種類と治療

健常者から見れば「精神病」と聞けば「少し気が弱く精神力が無いから引き起こされる」といった見方をする方も現実にいらっしゃいます。


確かに心が弱い事と、何事も我慢して社会に適応できない様は外見的には明確に区別できない場合もありますが、人の心は自分自身が思うよりあまりにも繊細でデリケートなものなので、何がきっかけで狂った働きをするようになるのかは誰にも予測できません。


又、精神病の種類も原因も様々なものがあるのが事実で、単に精神が弱いという自己の内部的な要因でもって発症する場合もあれば、ウイルスや外部的な障害によって本人の意思とは無関係に発症してしまう事もあるのです。


いずれにしても一度発症してしまったら、精密な電子回路のような人の精神は容易には元には戻りません。その人のこれまでの経験や人生の上での様々な要因が重なり合って、様々な種類の精神病を引き起こしてしまうのです。


骨折などのように物理的に破壊された物ではなく「精神」という目に見えないものを確実に復旧させる為には、精神病の種類もその発症原因にも精通した医師でも困難を極める作業で、完治に向けては相当の長い年月が必要となるのです。



うつ病・ストレス関連の商品


プロザック
SSRI抗鬱剤。
アメリカで、うつ病の症状をもつ患者に最も広く処方されている薬です。

ドキセピン(Doxepin HCl)
ファイザー社Doxepin HCl。
抗鬱剤。

Zoloft(ゾロフト)50mg
SSRI抗鬱剤。
ファイザー社から発売されているゾロフトはうつ病に効く薬として広く利用されています。

加湿器&空気清浄機 アロマチック・ミスティ
アロマと光の世界へ!視覚(カラーテラピー)と嗅覚(アロマテラピー)に働きかける癒しの高性能マシーン・アロマチック・ミスティ。アロマチック・ミスティは毎秒1670000の超音波技術を利用して、水から5μmの超微粒子マイクロミストをつくり出します。ライトの色は赤・緑・青・白と順に変化し、お部屋の照明インテリアとしても使えます。

ストレスリムーバー パルスエッグ
手のひらを刺激して気持ちをコントロールする、まったく新しいハイテクグッズ。ストレス解消と精神力のアップ、極度の緊張感やイライラの緩和、気分転換したいとき、ゆっくり眠りたいときに最高の味方です。

クリニックで精神病の診断

現代のような複雑怪奇な世の中では、ほんの1つ些細な何かが原因で、その人の歯車が狂う事によって、その後ろの人生を大きく変えてしまう事になり易いのも事実です。


様々なストレスにさらされている現代人は、特に精神病に陥り易い状況にあると言えるでしょう。日々忙しく活動している現代人は、中々ふと冷静に自己を振り返る余裕も無い場合が多く、一生懸命働いて知らず知らずのうちに体と心のバラスを崩してしまっているケースが少なくありませんので、定期的な診断は必要不可欠なのです。


定期的な精神病診断を受ける事により、自分の心と体の健康をチェックし、より安心できる人生を歩んで行かなくてはなりません。精神病の検査なんて・・・何か自分が特別に悪くなった気がする・・・と変に考えたり隠そうとしたりせずに、自分の体の健康を維持する為の必要不可欠な検査事項として、定期的にクリニックの門を叩く事をお勧めいたします。