スポンサードリンク
スポンサードリンク

進研ゼミの実力診断テスト

ベネッセの小学生向け通信教育サービス「進研ゼミ小学講座」には年に3〜4回の実力診断テストがあります。1学年10万人の大規模なテストは進研ゼミならではの魅力。診断テスト後には、詳細な分析結果リポートが届きます。分析結果リポートでは、都道府県での平均点や全国での成績位置がわかり、以前に受けたテストと比較して現状の把握もできます。また、単元ごとの分析も充実しているので、どんな問題が得意なのか、不得意なのかが明確になります。さらに、診断テストの結果をもとに、一人ひとりに合わせた個別の復習ドリルを作成。復習ドリルは「基礎レベル」「標準レベル」「ハイレベル」に分かれていて、苦手分野は基礎からの復習を、得意分野は応用問題でさらなるレベルアップにチャレンジできます。

スポンサードリンク

TOEICの実力診断テスト

就職活動でも求められるようになったTOEICのスコア。日経就職ナビ登録者向けに、このTOEICのスコアを自己診断できる「TOEICかんたん実力診断」というコンテンツサービスがあります。所要時間15分ほどのTOEIC形式の問題を解くことによって、およその実力を診断することができます。また、毎月新しい問題に入れ替わるので、月に一度の実力診断テストとして利用できて便利です。TOEICの実力診断テストには、書店で購入できるものもあります。語学書の専門出版社・語研が発行する「新TOEIC TEST実力診断模試」シリーズは、2006年にリニューアルしたTOEIC公開テストに完全対応。リスニングテスト用のCD付きで、実際に公開テストを受けるように実力診断テストができます。

英語の実力診断テスト

TOEICスコアは英語力のひとつの目安ですが、一般的に自分にはどれくらいの英語力があるのかを診断するテストもあります。英検が基礎開発をしたPCで受験できる英語の実力診断テスト「CASEC(キャセック)」をご存知でしょうか? 30分〜40分のテストで、終了後すぐに結果が表示されます。何よりも24時間好きなときに受験可能なのが魅力です。診断結果ではTOEICのスコア目安と英検の級の目安も表示されます。キャセックの受験料は1回の受験につき3,500円です。語学と留学について幅広いサービスを提供しているアルクのサイトには、「リスニング」「単語」「イディオム」の3つの英語レベル診断テストがあります。無料で診断テストをすることができ、診断結果によって、学習法や教材の提案もしてもらえます。

実力 診断テスト