アスペルガー 診断テスト

アスペルガー症候群の診断テスト

発達障害の子育て教育体験記



アスペルガー診断テストとアスペルガー症候群

「アスペルガー 診断テスト」と聞いても理解できない人が大半ではないでしょうか。

アスペルガー症候群と呼ばれる、一種の自閉症を持つか否かの診断テストなのですが、普通の自閉症とは異なり知能的な遅れや発育障害は殆ど表面化しないという特徴があります。


アスペルガー診断テストによって、その人がアスペルガー症候群に該当するかどうか判断されるまでは、その見極めには専門医による非常に高度な判断が必要です。只、専門家あっても正しく診察できているのかは非常に微妙な問題なのです。


何となくなぞかけのような話ですが、「アスペルガー症候群」と診察されても全国的には専門でケアできる病院、医療機関が非常に少ないばかりか、医師の中においても正しい知識が十分に行き渡っていないというのが現在の正しい所ではないでしょうか。


この病気を持っている人は約100人に1人の割合と言われていますが、表面的には何ら問題なく社会生活をしている人が非常に多い為に、自分自身が「アスペルガー」である事を自覚していない潜在的な患者数が非常に多い病気であるとされています。

アスペルガー症候群の特徴と問題

アスペルガー診断テストの特徴は先にも書きましたが、これといって特徴が無く、病気である事が外見的には殆ど解からない点にあります。


ごく普通に社会人として働き、生計を立てて生活している方の中にも、間違いなく「アスペルガー症候群」である方は存在し、自分自身それと気付いていない方が実に多いのです。


病気である事を自覚できないのであれば、変に検査などで病気である事が判明しない方が良いケースもあるのですが、ただ何となく漠然と周囲の人とは感じ方、考え方、行動がどうも違うような気がすると気付いて専門医のもとを訪れる方が多いようです。


実際に社会生活に困難をきたすわけでもないのに、診断されるや重病人であるかのようなレッテルを貼られてしまったり、普通の人と同じような労働が出来ないと決め付けられたりすることがあります。


病名が判明した事によってデメリットとなる事が、急に目の前に出て来るような事態に陥ってしまい、その事によって逆に社会との共存がうまく行かなくなるなど「アスペルガー診断テスト」を受けた事が本当に良かったのか?


そのまま知らずにいたほうが幸せだったのではないかと悩んでしまわれる方が非常に多いのもこの病気の特徴です。一定の検査をして一定の結果が導き出された際に、それは何と言う病気であるという一つのフローチャートのような診断により、わざわざ病気にしなくても良い人に病気を与えているような点もあり、今後の医療体制の充実にも期待を持ちたい所です。

アスペルガー症候群の障害

アスペルガーの顕著な障害は、「非常に正直である」という事です。

例えば、社会生活をしてゆく上では時に人の意見に迎合したり、嘘や方便を使ったり、社会に影響の無い程度に上手に人付き合いをしていく「頃合い」というものがあります。


このような事実とは違うけれども、形の無い漠然としたルールがアスペルガーの障害を持つ人の特徴でもあります。又、嗜好が極端に偏る症例もあり、この場合は「味覚障害」といった形で表れ、自分の好みの物だけを食べ続ける事から、栄養障害を引き起こしたりします。


しかしながら、このアスペルガー障害は、いづれ本人の知能指数などとの関連は低く、なかなか病気とは感じられずに見過ごされているケースが多いようです。


社会との不整合を感じながら生きてゆくのはつらい所もありますが、現実に明確な治療方法が確立していなく、精神障害の分野に入るという事だけで差別的な扱いを受ける可能性があることを考えると、アスペルガー診断テストなどで白黒をはっきり付ける事が本人にとってよい事かどうか非常に悩ましい問題で、社会は尚、混沌としていると実感する所なのです。