スポンサードリンク
スポンサードリンク

認知症の症状と若年性アルツハイマー

アルツハイマーの症例の多くは、60歳以上の高齢になってから表面化してくる例が多く、とっさに物事を判断できなくなったり、記憶が曖昧になる、言葉が出なくなるなどの症状で本人又は家族が気付き、医療機関に相談するといったケースが多いようである。体の中から見ると、脳の機能障害がその主な原因で、この病気に犯されると脳が次第に萎縮してしまい、通常の働きをすることが出来なくなる事で引き起こされる。脳が次第に機能しない部分が増えてくるのがアルツハイマーの症状の特徴であるが、これは病気が進行してゆくほどに事態は深刻になり、最初のうちは本人の記憶や言語などの表面的なことに留まるが、やがて、脳の機能そのものに影響を与え始めると、生命を維持する為に必要な働きがやがて衰え始めやがては死に至る大変に恐ろしい病気である。最近では若年性アルツハイマーとよばれ、若い年齢の人に発症する例も増えています。したがって「最近物忘れが多くて・・・」等のアルツハイマーの初期の症状が確認されるようになると、それは生命維持が次第に困難になる可能性を秘めたカウントダウンが始まった事を意味するので、周囲の人は気付いたらまず早期の発見、早期の治療を実践してあげるような配慮が必要である。

スポンサードリンク

アルツハイマー診断テストとは

アルツハイマーは昨今の高齢化が進んでくる社会において、次第に社会の中で認知されてきた病気です。アルツハイマー診断テストは、専門の医師により診察されますが、単純に物忘れが多くなったとか、言葉がとっさに出なくなったというだけでは判断できないのです。アルツハイマー診断テストには、様々な医療器械を用いて行われ、又それと併せて本人の言語能力や行動能力の内容が年齢相応なのかどうか、先天的にこれらが犯されている事はないのか、等と患者本人の知能と運動能力など総合的に勘案して判断しなければならないもので、よく言われるような素人医学ではとても判断できないのが現状である。アルツハイマーは「認知症」とも言い直される場合が多いが、その名の通り本人が様々な物を認知、認識して社会生活を滞りなく行う事が出来るかが、アルツハイマー診断テストの主な内容となってくるのです。

アルツハイマーを予防する

全ての病気予防の基本は、規則正しい生活と適正な栄養の摂取を行う事です。アルツハイマーにおいても食事の効果は非常に予防効果が高いとされています。また世界的にこの病気は日本から西太平洋のグアム諸島に至る海域で特に多い事、患者の脳からは多量のアルミニウムが検出されている事が揚げられます。通常毒物であるアルミニウムが摂取されても、体内のろ過機能で簡単にはこの成分が脳内に入り込む事はありません。しかしながら、ろ過機能を維持する為に必要なミネラル分が欠乏してくると、毒物がろ過される事無く脳内に侵入することが出来るようになり、脳内にアルミニウムが蓄積する原因になると言われています。このことから土壌にミネラル分の少ない日本人には発症しやすい病気であると言えます。患者の食生活の調査においても、毎日魚を食べる人はそうでない人に比べてアルツハイマーを引き起こす確立が極端に少なくなるそうです。昔から言われるように「野菜中心の食事で、魚を食べるのが良い」と言うのは先人たちの長年の生活の知恵でもあるし、どうやったら健康で生きられるかを身を持って体験した結果でもあるのでしょう。

アルツハイマー 診断テスト